スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫は最も知能の高い生き物だったという話 


猫はかつて地球上で最も知能の高い生き物だったのだが、ある時からその知能を隠して人間に面倒を見させるようになった…という童話が中国にあると聞いたことがある。

調べてみたのだが全くわからないので勝手に想像してみた。

日本では縄文から弥生の頃、人間は稲などの作物を作り始めた。穀物は貯蔵できるので人間は定住することができるようになった。
それ以前は、狩りが中心でウサギなどの獲物に対して猫は人間のライバルだった。猫も人間の狩りの対象であったかもしれないが、その頃の猫は人間よりも知能が高く、また夜行性だったので人間に狩られることなどなかった。

人間は穀物を貯蔵するようになったので、そこにはネズミが現れた。これは猫たちにとってとても良いことで、狩りがとても楽になった。
そして人間たちにとってネズミを退治する猫はありがたい存在になり、大切にするようになっていく。

猫たちにとって人間は危険な存在ではなくなった。むしろ猫たちにとって厄介な存在、狼などから身を守るために、人間のそばにいることが安全の保証になった。

その頃、犬も人間に飼われていたが、猫は彼らのようにはならなかった。なんたって人間よりも知能が高かったのだ。

ネズミを獲るのは人間のためではなく、自分たちの食料。しかし人間は感謝した。それ以外、人間の言うことを聞く必要などないことを理解していた。
猫は身綺麗にすることによって人間の家に入っても追い出されないことを学習した。寒さ暑さをしのげたし、冬には人間の寝床に潜り込むことも可能だった。

そして、時には、ほんの時々だけでいいのだが、つぶらな瞳で人間を見上げてにゃあと泣いてみたり、足にすりすりとしてやると、人間は自分達が狩りで得た獲物さえ猫たちに分け与えるようになるのである。

自分は何もしなくて人生のほとんどを寝て過ごしても生きていける、これは猫たちがとてつもなく優秀な知能を有しているからに違いないのである。

[ 2017/05/16 18:49 ] 猫研究 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jumboyoshida.blog43.fc2.com/tb.php/1774-582fd3c7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。