猫の額は狭いのか? 


「庭付きの家を買ったんだって?」
「庭って言っても猫の額ほどだけどね」

猫の額って、どこからどこまでなんでしょう?
人間の場合は、眉毛の上から髪の生え際までですかね? しかし、猫には眉毛もないし(模様で眉毛っぽいのがあるととても可愛いですけれど)生え際も存在しませんね。
つまり、こういうことでしょうか。猫の額はあるかどうかすらわからないほど狭い。
調べてもよくわからなかったので、まあ、そういうことにしておきましょう。

面白いのは、同じ「狭い」を表現する英語の慣用句にも猫が使われているのです。

'No room to swing a cat'

直訳すると「猫を振り回す広さもない」。猫の額と同じく、狭いスペースのこと。

猫自体を振り回すのではなく、猫鞭を振り回すということだそうですが、まあ、猫の額の方が穏便でありますね。

[ 2017/07/19 20:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

猫にも利き手があるのだそうです 


久しぶりの更新です。(毎度のことではありますが)

よく聞く話ですが、右利きの人は左脳型で言語能力に優れていて、左利きの人は右脳型なので空間能力に優れているのだそうですね。

猫にも利き手があるのでしょうか?
猫の利き手、世の中にはそういう研究をしている人もいるのですね。
その研究によると、オス猫の95%が左利き、メス猫は逆に95%が右利きなのだそうです。
調べ方は、猫じゃらしを眼の前に出された時に、どちらの手で触るかや、瓶の中に入れたおもちゃをどちらの手で出そうとするかなどだそうです。

このデータから、猫は性差によって利き手が決まるようですね。ちなみに我が家のてんまる君はオスの95%に当てはまり、左利きです。人間に言われるような空間能力に優れているかどうかは分かりませんが…。


[ 2017/07/18 21:23 ] 猫研究 | TB(0) | CM(0)