リトアニアで猫を見つけて「ネコネコ」と言うと・・・ 


今日は猫の話・・・ではないのだけれど、「ねこ」の話を。
リトアニアという国、杉浦千畝氏でご存じの方が多いでしょうか?

リトアニア語の「Nieko, nieko.」ニェコ ニェコという発音だそうですが、「ネコネコ」でも通じるそうです。これ、「気にしないでください」というような意味なのだそうです。
さらに「Nieko tokio」ネコ トーキョーは「大丈夫です」。

似たような話(似てないか)。
明治の頃、日本にやってくる外国人が多くなってきた頃、犬を見つけた外人が「Come hear, come hear」(おいでおいで)と呼んでいるのを聞いた日本人は、犬のことを英語で「カメ」というのだと思ったのだとか。

[ 2017/10/03 06:58 ] 猫の話 | TB(0) | CM(0)